経理が苦手!会計ソフトを使うって難しいの?

仕訳が分からなくても利用できる

会社の経理部には、簿記の知識を持った人など経理が得意な人がいます。仕訳などもどんどん行ってくれます。しかし、個人事業主であったり、一人で会社を起業した人などは自分で経理をしなくてはいけません。税理士に依頼する方法もありますが、できるだけコストを減らすなら自分で行った方がいいでしょう。しかしやった経験がないとなかなか仕訳はできません。そこで初心者でも利用できる会計ソフトを導入してみましょう。仕訳を作成して金額や日付などを入力する必要があります。通常は自分で仕訳を入れないといけませんが、仕訳入力の支援をしてくれる仕組みを用意しているタイプがあります。売上て現金を受けたなどの取引を選択すると、それに合った仕訳を入力してくれます。

良く行う仕訳は登録しておける

一人で事業を行うとき、経理が苦手としても自分で行わないといけません。白色申告でも最近は一定の帳簿の提出が必要になっています。青色申告をすればその分控除額も増えるので、事業運営を楽にするために自分で書類作成をしなくてはいけません。経理が苦手な人は、仕訳が苦手な人が多いでしょう。取引のたびに毎回仕訳を考えるのが大変と考えているようです。ある会計ソフトでは、仕訳をあらかじめ登録しておけます。売上の時の仕訳、入金の仕訳、経費支払いの仕訳などを登録しておけるので、実際のその取引があったときに選択すれば済みます。そのたびに科目を選ぶ必要がありません。毎月同じ金額で発生するものなら、金額などの登録もしておけるので楽です。

会社に給与計算ソフトを導入することによって、経理関連の仕事を大きく軽減することができます。ソフトの種類はいくつもあります。