従業員を雇用している方!まだ紙の上で給与計算をしているの?

計算ミスや記入ミスを少なくできる

従業員にとって給料は大事です。1円でも間違っていれば、処理をした会社に対して不信感をもつでしょう。ある時にミスが分かると、それ以前は大丈夫だったのかと余計に疑われます。従業員が少ないところだと、まだ手書きで給与計算をしているところがあります。人数も少ないので簡単に感じますが、人が書いたり計算したりする部分があるとそれぞれにミスが発生する可能性が出てきます。専用のソフトを使えば、計算は自動的に行ってくれます。記入は入力時に間違えないようにしないといけませんが、間違いを指摘してくれるなど支援の仕組みもあります。紙の記録だと過去との比較などがしにくいですが、ソフトを使っていればデータ化されているので比較もしやすくなります。

社会保険や源泉徴収の計算が自動で行える

従業員に給料を支払うとき、法律によってある業務が義務付けられています。それは、税金の源泉徴収と社会保険料や雇用保険料の徴収です。税金と雇用保険料は、毎月の給料が変われば少しずつ変わります。計算式があるので、それに基づいて計算しないといけません。社会保険料は、等級が変わらなければ毎月同じ金額です。ただ、等級が変わるかどうかの情報を知る必要があり、定時決定の時には毎年一定の書類の提出が必要になります。それを手書きで行うのはかなり大変になります。専用ソフトを利用すれば、税金の源泉徴収額や雇用保険料は自動的に計算できます。社会保険料は、等級を登録しておけばそれに応じた金額を控除します。社会保険料算定のための資料も簡単に作成できます。