あなたはどっち派?クラウド型会計ソフトとインストール型会計ソフトを比較!

機能や使いやすさにこだわって会計ソフトを選んでみよう

会計ソフトには今や様々な種類の製品が登場しており、事業活動や業種などに応じて、使い勝手の良いものを採用することが可能です。特に、クラウド型とインストール型の会計ソフトに関しては、大規模な法人を中心に導入が進んでいますが、導入に掛かるコストや使い道などを正しく理解することが大事です。初めに、クラウド型の会計ソフトは、月々のランニングコストが発生しますが、インターネットを使って給与計算や勤怠管理、確定申告などの様々なデータを一目で把握できる優れモノとして注目が集まっています。一方、インストール型の会計ソフトは、クラウド型よりも機能が限られてくるものの、製品そのものの価格がリーズナブルなものが多く、コスト削減につながりやすいという魅力があります。

従業員の給与や勤怠の管理に役立つ会計ソフト

事業活動に関する売り上げに限らず、従業員の給与や勤怠の管理に活用できる会計ソフトは、人手が少ない企業にとって利用価値の高い製品として重宝されることがあります。中でも、経理や人事などの経験が少ない人であっても、比較的簡単に操作できる会計ソフトは、人材育成のためのコストを節約できることもあり、事業規模や業種などによらず全国的に需要が高まっています。また、会計ソフトの機能が充実しているものは、購入価格が高めなものも目立ちますが、人件費の節約の効果が高いことや、煩わしい作業をスムーズに行えるという魅力があります。そこで、各業界で普及している会計ソフトの種類について、詳しく調べてみることがポイントです。